CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
諦めたから、そこで途切れたんだ。
妥協するだけ、無意味なんだ。
遠回りするだけ、無駄なんだ。
もういい、みんな義理は果たした。
嫌われたってじゅうぶんだ。
誰かに自己を投影して「わたしのぶんまで自由に生きて」なんて願うのはもうやめよう。
| - | comments(0) | - |
不思議な巡り合わせっていうのは、あるものなんだっていう話。
大学時代同じ寮に住んでいたカナティン(弾き語りミュージシャン)から、主催するライブで配る冊子のインタビューのおこしと編集を頼まれる。
それをきっかけに、びゅんびゅん変わっていっている感じ。
その打ち合わせの流れで、自主制作の映画を撮っている人のおうちに遊びにいって、その作品を見せてもらったり…刺激がほんとにたくさん。
わたしが働いて気を揉んでギリギリしてる間に、こういう世界も同時進行で存在していたんだって、興奮してしまった。
明日は会社を休みたい。他に思いきりやりたいことがあるから。
そんな気持ちになったのはものすごく久しぶり。むしろ高校生以来。
犬さんの顔が遠くなってしまうくらい、どこまでもどこまでもひとりで走っていけそうな気がする。
| - | comments(0) | - |
11/7

弱いときの自分と、気を張っていられるときの自分。
どちらの意見を通して行動すればいいんだろう。

11/8

他人はみんなそれぞれの持つ価値観で、ものを言う。
万人が言う「こうしろ!ああしろ!こうするべきだ!ああするべきだ!」に全て応えるなんて不可能。あなたの価値観をわたしに押しつけてこないでくれ。ありがた迷惑の善意。疲れる。
結局は、自分で決めなきゃいけない。反対の意見には、とことん反論できるぐらいのタフさを持たなくちゃならない。
あまり、誰かを傷つけたり、期待を裏切ったり、怒らせたり、失望させたりは、ほんの少しでもしたくない。だけど、そういうわけにはいかないんだ。
自分が生きていくためには、誰かに迷惑をかけたり、誰かに嫌われたりもする。仕方のないこと。

11/9

「辞めたら?」と「辞めるな!」の間で、犬さんだけが「辞めるにしても、解決させてからの方がいい」みたいな、よくわからない事を言ってて。
それの意味するもの、が、今日の朝なんとなくわかった。
辞めるだけじゃ解決にはならない。だからといって我慢して辞めないでいても解決にはならない。問題そのものを根本から解決するべきだっていうことだったんだよね。
解決しようとして、それでもうまくいかなかったら、辞めてもいいんじゃない?っていう。
たぶんわたしは、問題を解決するというか、向き合うことがいちばん怖かったんだと思う。疲れてたんだと思う。
とりあえずこれで、なんとなく釈然としなかったモヤモヤに決着はついたなー、と思いつつ、メンタルはまだ万全じゃない。
そっちのバランスは、犬さんや友達に甘えて、ゆっくり整えていけばいい。
| - | comments(0) | - |
相変わらず余計な事ばかり考えています。
で、あれやりたいこれやりたいで、いざやろうとしたらそれには膨大なエネルギーが必要で、結局面倒でやらない、みたいな。
バイタリティとか生のエネルギーとかセーラームーン的に言えばエナジーとか、そういうのが欠如している。なにか美味しいものでも食べるべきかもしれない。
今日はカロリーを消費しないよう携帯でmixiばっか見てる。超ウルトラハイパーメガトン無駄。
家に帰ればただの屍みたいだ。

関係ないけど今さら1Q84読んでます。

クレイジー上司のハリキリ事件を境に、どういうわけか考え体質になってきて、大学時代みたくなってきていて苦しい。
小説を書きたい?世に出たい?誰かに認められたい?いつも胸の底にそういうのがよぎって疲れる。無心にドラクエして遊んでたのが嘘みたい。
表現できないことに対しての焦燥感。表現してない事に対しての罪悪感。自分が賞賛されない人間であることへの絶望感。
犬さんに好き好き世界の誰よりも必要!とでも言わせれば気が済む?
| - | comments(0) | - |
時間があると余計なことばかりを考えてしまうよ。
不特定多数の誰かに認められたい、とか。
でもそういうのはわんこのにおいを嗅いだら、きっとどうでも良くなってしまう。
ただただお腹が空いて、ただただ眠くなって。世界がカラフルでシンプルだった頃に戻る。
わたしは具体的に、たったひとつのものを手に入れたのだ。
手に入れた、っていうのはなんだかおこがましいかな。
| - | comments(0) | - |
自分が生きたいように生きるためにはお金が必要なんだ。
関東が実家の人は、もし辞めても実家にいながら就職活動ができるんだな。それが羨ましい。
実家に帰ると、東京には居られない。東京に居るためにはお金が必要。のんびりなんてできないよ、家賃を払わなくちゃいけない。
こういうときに、あー、貯金ってしとくべきだったんだと思う。せめて3ヶ月の収入ぶんぐらいは。あー、勉強になったよ。
友達とか犬さんとか同期とか先輩とかは、みんな戦友。
だけどいまはもう共に闘うんじゃなくて、ただひたすらに守られたい。もう闘いたくない。これ以上闘うとあと一撃で死んじゃう。ベホイミ追いつかないよ。
| - | comments(0) | - |
ハロウィンやクリスマスなんかの時期に、飾りつけができる仕事に就きたい。図書館とか、お店とか。
ぼんやりとした希望だけど、そういうふうに書いてみる。
そういうふうなのを集めていったら、きっとどこへ進むかわかるような気がするから。
毎日二人ぶんのお弁当を作ったり、一緒に眠ったり、部屋の掃除をしたりできるのはまだまだもう少し先のこと。
お金がなくっちゃなぁ。お金を貯めることって難しい…。

サラリーマンにはサラリーマンの歌しか作れないってあがた木魚が言ってた。
| - | comments(0) | - |
こういうちょっと曇りの朝は、100sを聴きながら一人でふらっと出かけたくなる。音楽を聴きながら浅草まで歩いて、そこでしばらく大きな河を眺めて。大学生の時のライフワーク。
書きたい欲が無い。まっさら。何にも無い。
自分の今の生活以外には関心が持てない。興味がない。もうひとつの世界なんてあまり必要としていない。そんな感じ。
| - | comments(0) | - |
やたら学生が多いと思ったら夏休み終わったのねー。
朝の肌寒い感じ好き。秋になるとジャニに目指めた時の初期衝動を思い出して猛烈にヲタ活したくなります。
まるちゃんのパーンの歌聴くとやっぱり元気が出るの。
かはっ、アリーナ入りてぇうちわ作りてぇ…!!!
| - | comments(0) | - |
会社でほんとに笑わないし喋らないしずっと省エネテンションな気がしてきた…
実際、笑ったりしゃべったりはしてるんだけど、笑ってる気もないししゃべってる気もしない。
ずっと顔面地蔵。やることだけやります、みたいな。
どんどんブスになってく気がして鏡で笑う練習をしてみる。まだ大丈夫かな。
転職を計画してるけど、見通しはまだまだ二年先ぐらいかな…
| - | comments(0) | - |
<< | 2/31PAGES | >>